引用に使うHTMLタグ:<blockquote>

引用に使うHTMLタグ:<blockquote>

ブログを始めて数日だが、どこかの記事や文章等を引用する事も多いだろうから、使い方やマナーなんかを復習しておくことにする。マークダウン記法使う場面の方が多いから実際には意識する事は少ないんだけど、大事な事だから記しておく。

引用する文章に<blockquote>を使う

とりあえず基本はこれ。面倒でもこれをしないとマナー以前に検索エンジンからも嫌われてしまう。無断借用での水増しなんてかっこ悪いしな。

では実際に使ってみる。

マークアップ言語(マークアップげんご、英: markup language)はコンピュータ言語の一種で、文章の構造(段落など)や見栄え(フォントサイズなど)に関する指定を文章とともにテキストファイルに記述するための言語である。文章に対するそれらの指定をマークアップと呼び、マークアップを記述するための文字列をタグと呼ぶ。

こういう事だ。見栄えは、それぞれの設定に依存するだろうから分かりやすくすると良いだろう。少なくとも検索エンジンに対しては、これで「引用してますよ」と伝える事が出来る。

引用元は<cite>を使う

こういう形↓

そして、こんな感じになる。

マークアップ言語(マークアップげんご、英: markup language)はコンピュータ言語の一種で、文章の構造(段落など)や見栄え(フォントサイズなど)に関する指定を文章とともにテキストファイルに記述するための言語である。文章に対するそれらの指定をマークアップと呼び、マークアップを記述するための文字列をタグと呼ぶ。
引用元:wikipedia

引用元がウェブサイトならURLを明示する

こういう形↓

そして、こんな感じになる。が、これはリンクではないのでリンクにするには下部にある<cite>タグ内を<a>タグで囲うと良い。

マークアップ言語(マークアップげんご、英: markup language)はコンピュータ言語の一種で、文章の構造(段落など)や見栄え(フォントサイズなど)に関する指定を文章とともにテキストファイルに記述するための言語である。文章に対するそれらの指定をマークアップと呼び、マークアップを記述するための文字列をタグと呼ぶ。
引用元:wikipedia

短い文章には<q>を使えば良いのだが

こちらはブラウザによって視覚効果がまちまちだったりするので前述してある<blockquote>タグを利用する事を勧める。

そういう訳で良い記事は正しい用法でマナーを守り、すべからく引用すべし。